「相続・終活」専門の行政書士です。

終活支援サービス

遺言書がなく、口頭での約束だけだったことで、相続手続きで苦労される事例は珍しくありません。

ご相談者は、4人兄弟(姉妹)の末っ子の方で、先日、すぐ上のお兄様が亡くなられての相続についてご相談に来られました。
ご兄弟は、上から長女、次女、長男、ご本人で、今回、長男様が亡くなられたのですが、次女の方は、すでに亡くなられているので、代襲相続人として、甥御さんと姪御さんがお一人ずつおられます。

長男さんは、生涯独身で配偶者、お子さんともはおられません。ご兄弟(姉妹)のご両親もお亡くなりなので、相続人はご兄弟(姉妹)とその代襲相続人になります。
長男さんが、生前、当時ご存命の次女さんを含め兄弟4人で話したときに、長男さん所有のマンションは、妹であるご相談者に相続させ、預貯金と現金は、長女と次女に半分ずつ相続させたいと話したそうです。
その時は、長女、次女、ご相談者の全員が、了解したとのことでした。

しかし、今回長男さんの死により、相続手続きが始まったのですが、すでに次女さんは亡くなっていたので、代襲相続人として甥御さんと姪御さんが入っての相続手続きになりました。
ご相談者が、長男さんがご存命中の、兄弟(姉妹)の合意に基づき、マンションを相続すると言ったところ、甥御さんと姪御さんは「そのような合意があったなんて、聞いたことがない。認められない。法定相続分の通りに、遺産を分けてほしい」との1点張りとのこと。

そこで困ってしまったご相談者が、私に相談に来られたのです。
結論から言うと、甥御さんと姪御さんが同意するか、ご相談者が法定相続分相当の現金をお二人に支払う、などによらないと、ご相談者がマンションをご自分のものにすることは難しいと思われます。
ご相談者は「生前、兄には遺言書を書いてもらいたかったけど、自分からは言い出せなかったのよね。」と悔やんでおられました。

このような残念なことのないように、遺言書を残すことをお勧めいたします。
また、遺言書は、民法の規定の要件を満たさない場合は、無効になってしまいます。また、要件を満たしていても、記述の仕方によっては、無用の争いの元になりかねません。
相続は、ご自身が亡くなられた後のことですので、ご自身の御意思を100%実現できるように配慮を尽くした遺言書の作成が必要です。
ぜひ、私のような専門家の力をご利用ください。

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 行政書士清水勝法務事務所 All Rights Reserved.